海外からの医薬品輸入 | ハートガードプラス(要指示薬)でも通販サイトで購入できる時代に

ハートガードプラス(要指示薬)でも通販サイトで購入できる時代に

海外からの医薬品輸入

散らばる黄色の薬

先ほど「処方箋医薬品や要指示薬は医療機関から処方してもらわなければいけない」と言った矢先、個人輸入代行を使えば医薬品のネット購入も可能だと言いました。
当然なぜなのかと疑問に感じる人も多いでしょう。
もちろん通販サイト内で処方箋が発行されるわけではなく、個人輸入代行を利用して医薬品を注文・購入した場合、それは処方箋なしでの購入ということになってしまいます。
そこで、違法なサービスなのではないかと警戒される人もいると思います。
ですが、個人輸入代行という通販サービスに違法性はなく、みなさんが正しく利用さえすれば安心安全に好きな医薬品をネット上で購入できるのです。

個人輸入代行で販売されている医薬品ですが、実は日本製の医薬品はひとつもありません。
ここで販売されているのはすべて、海外から輸入された海外製の医薬品になっています。
海外から医薬品を輸入する、と聞けば危険なニオイがプンプンしそうなものですが、実際は個人が海外から医薬品を輸入して使用することは合法とされています。
「個人の利用目的のため」という条件はありますが、海外から医薬品を輸入すること自体はいけないことではないのです。
ただ、海外から輸入をしようと思ったら特別な手続きなどが発生するため、私たちだけではどうすることもできません。
そこで、私たちの代わりとして代行業者が海外からの医薬品輸入をおこなってくれるのです。
個人輸入代行で販売されているのは、こうして代行業者が私たちの代わりに輸入してくれる海外の医薬品なのです。
そのため、私たちからすればあとはよく利用している通販サイトと同じ感覚で、好きな医薬品を好きなタイミングで注文するだけでいいのです。